ボクシングトレーニングの一日

私は15年以上ボクシングをしてます。今日もボクシング日和。本当に晴れていて最高にトレーニングしたいなって感じる日です。まずは寝起きに栄養ドリンクを飲みます。栄養ドリンクってかスムージーを飲みます。その後、クロスバイクで20分かけてボクシングジムに向かいます。こんな毎日を15年以上してます。かつてはアマチュアボクシングからプロボクシングの世界を目指していました。ただ、お金にならない。生活ができないなどの理由からやめたなーって気持ちを込めながらクロスバイクを漕ぎます。私の大好きなボクシングジムでのトレーニングが始まります。まずはトレーナーと会長に「よろしくお願いしまーすって大声で挨拶します。

その後、着替え室、ロッカールームでお着替えします。いつも思うのは剣道場のローカー室とボクシングじむのロッカー室はどちらが臭いのか。毎回思って苦笑い。そんなこんなでトレーニングウェアに着替えます。ロッカー室からジムに入り、再度「お願いしまーす」って挨拶します。その後、ストレッチ、足首、肩、首などを含めてボクシングで使う体の部分をストレッチします。「うーん気持ちいい」って感じでトレーニングを始めます。まずは縄跳び「ロープ」を始めます。このトレーニングで肩と持久力、心肺能力を鍛えます。本当に汗が出ます。そして呼吸を整えて3分こなします。そして1分のインターバルで休憩し、これをあと2回します。その後、シャドーボクシング3分をインターバルを含めて3ラウンドこなします。ミラーを見て、自分の顎とボディに向けてジャブとストレート。いわゆるワンツーを何発もこなします。ワンツーはボクシングの基本中の基本ですが、これが一番大事です。そればかりをこなして1ラウンド。2ラウンド目は、ワンツーから右の拳で顎を守り左フックをかまします。それもちゃんと鏡の自分の左の顎にかまします。自分との戦いで一番大事なのはガードです。

ちょこちょこトレーナーから「ガード甘いよー」ってカツが入ります。その後、3ランド目にてワンツー、ガードして左フック、膝を曲げてのボディーアッパーをしてシャドーが終わります。普通の方はここでスタミナが切れます。その後、私は「●●くん、リング上がってー」と言われます。私の一番大好きなトーレーの持つミットにパンチを打ち込む「ミット」です。なぜかって、これはね。本当にうまいトレーナーはミットの棉を少なくして気持ちいい音を出させて、ジム生に自信を持たせるのがうまいんです。ここで私はその気になります。これは1ラウンドのみ、シャドーでこなした技をやったりします。その後、リングを降りて「サンドバッグ」にて自分の知ってる技をサンドバッグにパンチします。正直、今は慣れましたが初めてボクシングのサンドバッグを殴った時は硬かったです。これは強くなります。拳を強く、そして手首を強くするためのトレーニングにもなりますし。最高にストレス解消です。これは同じように3ラウンドします。これにて最後にシャドーボクシングとストレッチして「ありがとうございました」の挨拶をしてトレーニング終了です。それが終わってロッカールームに入りバンテージをとると「プロ」になった気持ちになって嬉しいんです。本当ボクシングはやめられない。