離婚へ向けて、少しでも有利に進めたい

知り合いから聞いた話です。未就学の子どもが三人いる夫婦だったのですが、突然奥さんが子どもたちを連れて出て行ってしまったそうです。
行き場所もわかりません。おそらく自分の実家の方面にいるのではないかと考えていますが、尋ねるにも距離が遠く、簡単に行き来できる場所ではありません。
こちらからメールや電話をしても返事はなく、もやもやとしていたら、奥さんの代理人を名乗る方から手紙が来て、奥さんは離婚を希望しており、これまでの結婚生活の中での不満や、夫に対して改善してほしいと伝えたことを守ってくれないという、奥さん側からの言い分が書かれてありました。
代理人というのは弁護士で、これからは連絡をするには弁護士を通して欲しいということも書かれてありました。
知人は、とりあえず母子の無事は確認できたので安心したのと、突然いなくなったことにさらに腹立ちも覚えたそうです。
そこで知人側もを男性 離婚相談の弁護士を探して、始めは離婚しない方向で進めたく、相談をしていましたが、その弁護士と話すうち、一度出ていった人は、戻ることはないということに考えが進み、それならば少しでも負担を少なくした離婚をしようという気持ちになったそうです。
相手側が親権を持っていると、男性側に強く出る場合が多いようで、養育費の振り込みを要求してきましたが、それが、同居していた時にそんなにかかっただろうかと思える額で、おそらく初めに多く要求してくるだろう、それが向こうの作戦であるということも弁護士からはアドバイスされたそうです。
どんな状況でも、冷静に話を進めなければ今後の自分の生活にもかかわってくるので、弁護士の存在は心強く、友人や親に相談しても決して得られない情報ももらえるので、悩んでいる人は相談だけでもしてみたらいいと知人は言ってました。まだ決着はついていないようですが、双方あまり傷つかないような結果になればいいなと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です