ゴミの分別について思うこと

わりと几帳面な性格なので、ゴミの分別もきちんとする方です。
私が住んでいる地域では、燃えるゴミ、燃えないゴミ、プラスチック、ビン、缶、危険ゴミ、紙・布などの再生ゴミ等、かなり細かく分かれています。

きちんと分別すると、燃えるゴミ(最近は「燃やすゴミ」と言うらしい)は案外少なく、1週間で一番多く出るゴミは、何と言ってもプラスチック。お菓子の袋とか、お豆腐が入っていたパックとか、破れたレジ袋とか、どんどん溜まっていき、どの家も同じらしく、プラスチックの日は、マンション前のゴミ置き場に山のようにゴミ袋が置かれています。

プラスチックゴミを出す時は、汚れは綺麗に洗って乾かしてから出す、というのがルールなので、手間もかかります。洗うのが面倒なら、そのまま燃やすゴミとして出しても別にかまわないのですが、リサイクルされると思うと、つい熱心に分別してしまいます。

最近思うのですが、プラスチックゴミを綺麗に洗うための水の量と、リサイクルのコスパを比べたら、一体どっちがよりエコなのでしょうか。もしかして、水を大切にした方がいいのかも。そんなことを考えながらも、今日もせっせと分別に励んでいます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です